No. 書籍名 No.29 林式機械印
著者・編者 関 利貞 著
体裁 B5判 227頁
発行日 平成17年8月1日
定価(税込) 3,600円
ISBNコード 無し
内容 数十万枚の葉書からデータを収集したという関利貞氏の渾身を込めた1冊。中間データもないがしろにせず、押印機印の使用状況の全貌の解明に勉めました。林式押印機は、氏が最も力を注いでいる分野で、使用局201局のデータを追った収集の記録でもあります。消印だけではなく、葉書のコレクターも必読。増刊第10号の「右書き時代の機械印」の姉妹本です。

 

《ご注文は下のボタンをクリックして、フォームよりお願いします》