No. 書籍名 No.45 日本郵便料金大系
著者・編者 山崎 好是 編
体裁 B5判 768頁 上製本
発行日 平成22年1月30日
定価(税込) 12,343円
ISBNコード ISBN978−4−86355−010−0 C2065 ¥11429E
内容 あなたは、『日専』や『郵政百年史』に載っている郵便料金の変遷だけで、郵便史の収集には充分だと考えていませんか? 1通のカバーの料金が分からずに、人に尋ねたり、逓信総合博物館に行ったことはありませんか?
本書は、明治4年の開業から平成19年10月1日の郵政民営化までの郵便料金の変遷を表にまとめただけの内容ですが、何と768頁の大冊になりました。これからは、『郵便消印百科事典』と共に、日本切手を収集する人にとって欠かせない座右の書として用いられることを期待しております。
1.宛先別賃銭時代や距離別賃銭時代には、地名で料金が判断できるように一覧表を作製。
2.複雑な航空料金もすべて掲載。
3.国別外国料金も完全収録。
4.外国小包料金の全てを収録するのは、古今の文献で初めて。
5.戦後の郵便料金も全面的に校正を加えて完璧。
6.国内郵便、国内小包、国際郵便、国際小包の4項目に分けて掲載。
7.外地、満州、占領地、軍事、琉球、船舶等の郵便料金も全収録。

 

《ご注文は下のボタンをクリックして、フォームよりお願いします》